【大阪支部】5月例会は京阪奈サントリーワールドリサーチセンターの見学会を実施しました

FOSC大阪支部では、5月17日(水)16:00~18:00京都府相楽郡精華町(京阪奈学研都市)にあるサントリーワールドリサーチセンター(SWRC)の見学会を開催しました。

AWRCの全景
AWRCの全景

この施設は2016年度のニューオフィス経済大臣賞を受賞した施設で、隣には国立国会図書館がある、自然豊かな50000㎡の敷地には延床面積23155㎡地上4Fのリサーチセンターを中心に温室や実験施設で構成されています。全国に分散していたサントリーの研究拠点を集約した施設で、運営会社であるサントリービジネスエキスパート㈱池本専任部長様に研究所の紹介とこの研究所に期待する「オープンイノベーション」のコンセプトを説明いただきました。

2.温室棟
温室棟
説明を受けるメンバーの皆さん
説明を受けるメンバーの皆さん

 

 

 

 

 

 

その後はプラントツアーで、総合管理会社の関電ファシリティーズ㈱寺井係長から研究施設独特のスクラバー施設や産業ガス施設のバックヤードの案内をいただきました。穏やかな春の日差しの中で京阪奈丘陵の自然に囲まれ、大変気持ちの良い支部会となりました。

ロビーにて参加者記念撮影
ロビーにて参加者記念撮影
スクラバー設備
スクラバー設備
研究ガス設備
研究ガス設備