【東京支部】6月例会は「これからの働き方と未来オフィス」についてセミナーを開催しました

東京支部会では、6月8日(木)午後7時から第一企業(株)会議室にて、FOSC理事兼東京支部長の岡田大士郎氏(スクウェア・エニック(株)総務部長)から、「これからの働き方と未来オフィス」IOTとAIを活用した「場」つくり最前線—–と題して、これまでスクウェア・エニックスス社で取り組んできた成果や研究されてきた内容についてのセミナーを行って頂きました。

講師の岡田支部長(㈱スクウェア・エニックス総務部長)
講師の岡田支部長(㈱スクウェア・エニックス総務部長)

セミナーでは、最近話題の「働き方改革」、このテーマにFMの視点からのどう関与できるのかを考えていくと意識改革の必要性に気づき、たとえば幸福感の習慣—-Well Bingの追及、今あるもので何が問題なのかを考えること、知る努力の必要性、従来のやり方がこれでいいのかという意識、などの重要性に気が付きますとの、説明がありました。

また、働くひとたちのWell Beingを演出していく総務FMのプロフェッショナル仕事とは何なのか、ライフワークデザインとバランス、高機能ビル・オフィス空間の構築における見える化の重要性—-例えば健康・行動・コミュニケーション・環境・Well  Beingなどの見える化の実現など——、人を知らないために心のつながりができない、それができるような場づくりの重要性、このような様々なテーマを実現していく中で進化したIOTやAIがどう利用されているか、またその利用の可能性を含め、約1時間のプレゼンテーションを行っていただきました。

セミナーに聴き入る受講者の皆さん、今回の参加者は28名でした
セミナーに聴き入る受講者の皆さん、今回の参加者は28名でした

終了後は、同じ会議室を使って参加者の懇親会兼情報交換会を行い有意義な時間を過ごすことができました。懇親会参加者の記念撮影

次回は、7月14日(金)19:00(18:30開場)より、カッシーナIXCの青山ショールームをお借りし、「知的生産性を高めるラグジュアリー空間」(仮題)としてお話しを伺い、 その後ショールーム見学をする企画を予定しています。多数の方の参加をお待ちしています。